働きたいけど働きたくない

ニート気質なフリーター女の戯れ言

半年ニートやって気づいたこと

 
いずれは「みんな」と同じように働かなきゃならないんだろうけど、もう自分は「みんな」に合わせられないということ。

就職にしたって、もう普通に就職出来る人が「新卒年以内じゃないと無理だよ」と外から焦らせているだけだし。

焦っても焦らなくても、もう既に「みんな」とは違うところに置いていかれてしまった自分はなるようにしかならない。

バブル以上の売り手市場でも零れ落ちた自分が「みんな」の仲間入りするのは果てしなく長い道のり。

止まらずに歩き続けるとはどういうことか、よく分からないけどテキトーなところに就職してたら潰れていただろう。

だから一見止まっているように見える今ももしかしたら着実に歩みを進めている最中なのかもしれないと誤魔化しながら今日もニート